研究内容

研究内容

悲嘆と死別の研究センターは、学術研究の拠点として、

基礎研究から実践研究まで、ミクロ・メゾ・マクロレベルでの幅広い研究を展開し、

グリーフケアの発展に貢献していきます。

【2022年度研究内容】

①突然死遺族の精神健康とその回復に関連する要因の検討

②交通事故遺族のための社会資源の変遷とその効果の検証

③死別による悲嘆とアルコール依存の関連に関する実態調査

④エンバーミングが遺族の回復過程に及ぼす影響の探索

⑤心療内科受診遺族の臨床的特徴と回復に関する研究

⑥グリーフケアカードを用いた遺族支援プログラムの開発と効果検証

⑦遺族支援の担い手を対象とした養成講座及びオンラインサロンの企画開催と効果検証

⑧保険代理店におけるグリーフケアへの意識調査

⑨亡き人の生きた証の伝承に関する調査研究 ―絵本に焦点をあててー

⑩ホスピス緩和ケア病棟における遺族ケアの実態調査

⑪きょうだいを亡くした犯罪被害者遺族のための支援プログラムの開発と効果検証

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
PAGE TOP