スタッフ紹介

橋本直子研究員/関西学院大学人間福祉学部准教授

研究分野のキーワード
精神保健福祉  スピリチュアリティ  依存症(アディクション)

私は精神障がいのある人々がその人らしく人生を生きていくことを支援することをテーマに研究をしています。精神保健福祉の領域では政策の基本方針や精神科リハビリテーションの新たな目標としてリカバリーというコンセプトが主流となっています。精神病や障害からのリカバリーとは、苦しみが消えたり症状がなくなったりすること、つまり病気が治ることではなく、病気を抱えながらも「自分の人生をより健康により豊かに生きる」ということです。現在は、その重要な要素の1つである生きる意味や目的に関わりをもつスピリチュアリティに焦点をあて研究をしています。また、依存症(アディクション)からのリカバリーや精神障がい者や依存症者のリカバリーにとって必要とされるセルフヘルプグループについても支援の方法について探索しています。

メンバー

  1. 坂口幸弘

    センター長
    関西学院大学人間福祉学部教授

  2. 武田丈

    研究員
    関西学院大学人間福祉学部教授

  3. 市瀬 晶子

    研究員
    関西学院大学人間福祉学部准教授

  4. 橋本直子

    研究員
    関西学院大学人間福祉学部准教授

  5. 村上典子

    客員研究員
    神戸赤十字病院心療内科部長

  6. 宇屋貴

    客員研究員
    株式会社公益社

  7. 伊東 由康

    客員研究員
    兵庫県立大学看護学部助教

  8. 坂下裕子

    客員研究員
    子どもを亡くした家族の会 小さないのち代表

  9. 土屋由美子

    客員研究員
    NPO法人いのちのミュージアム事務局

  10. 赤田ちづる

    関西学院大学大学院 研究員

PAGE TOP